海と風と空と

湘南に住む5人家族の主婦です。好きなことを綴る雑記ブログです。

専業主婦5年を経過して日々感じていること 会話って大事だよね

こんばんわユッキーです。

専業主婦になって早5年が経過しています。

5年間と言えば随分な時間が経過しているように感じますが専業主婦していると、毎日の変化をあまり感じなくなっているので時間の流れも速いような遅いような

この5年間専業主婦をしていて視野がとっても狭くなったなぁと改めて感じます。

話し相手は子供と旦那とママ友の狭い世界です

 

f:id:startten012:20170608222415j:plain

だって主婦の話相手は旦那と子供と子供経由で知り合ったママ友達なんです。

毎日、子供との会話は自分のためになる会話ではなくて子供のための会話なんですよね

子供とのお話はもちろん好きですよ!子供は私ユッキーに一生懸命いろんなことを話してくれるし、いろんなことを教えてあげたいし、子供とのコミュニケーションは大事にしています。

だけど子供との会話は私に新たな情報をもたらす物って殆どないのです。

一日家に居る日も子供達が小さければよくあります。

一日家に居れば会話をするのは子供と旦那です。

まともな会話ってできていないよね私達

 

旦那とまともに会話するのも夜寝る前に話す程度。

会話ってしていないと、どんどんできなくなってきてしまう。

別に話さなくても大丈夫なんですがその空間に慣れてしまうと本当に会話をしなくなってしまうんです。

それってなんか寂しい。

例えば私だったら今日の一日の出来事を話したかったり、子供と今日こんな風にして過ごしたよなんてことを旦那と話したいと思っているのですが

そんな話には興味がない旦那です。

今日の出来事を話しても「ふーん」の一言で終わってしまう。

子供のこと話していても「そうなんだ」の一言で終わってしまう。

私の一日の出来事はどうでもいいとして、子供の日常についてはもう少し興味を持って聞いてほしかったりします。旦那は子供と過ごす時間が専業主婦している私よりはるか少ないのですから。

「ただいま」「おかえり」の定番の挨拶の後に

「今日はどうだった?子供達は何していたの?」

これだけも言ってくれたら、毎日家で主婦している私には会話が楽しくなります。

だってまともに会話ができるのは旦那だけなんですから

たったこれだけのことでも聞いてくれたら

ちゃんと私や子供達の生活にも興味を持っていてくれているんだなって思います。

欲を言えば、もっと世間話や話題のニュースの話、政治の話など会話のキャッチボールをしっかりやりたいのですが、早朝に家を出る旦那は早くに寝床に行ってしまうので中々まともな会話ができません。改善策として夕飯は一緒に食べるようにしています。

一緒にお酒を飲めれば会話も弾むのでしょうが乳幼児3人抱えているとゆっくり晩酌ができないのです。

会話をしていないといざって時にコミュニケーション能力が低下して何を話せばいいのかわからなくなってきます。

だから私は幼稚園のお母さん方と会っても何を話していいのかわからなくなってしまい会話が続かないのです。

ママ友との会話に疲れを感じるようになったら

子供を通して知り合ったママをママ友と言いますが、やっぱりママ友との付き合いは正直疲れます。もちろん気が合い仲良くさせていただいているママも数人います。気が合い一緒にお茶もできるママもいるのでママ友達はいないより、いた方がいいと思いますが無理に付き合うと本当に神経すり減ることになるのでね、ママ達は女の集団です。女の集団は噂話しや世間話が大好きです。噂話しや世間話が好きな人はいいのかなぁ

私は人の噂話しが好きではないので子供の送迎時間になるとさっさと園から離れます。

朝の挨拶に加えて一言二言何かお話できれば十分です。

なのにどうして噂話しに発展するのか不思議。

他人様の悪口はもっと嫌いです。大人になっても悪口を言うのはやっぱり女性ですよね。みっとみない。悪口を聞かされても同調しません。同調したらおしまいです。

うまく聞き流すか「どうなんだろうね」と言って右から左へ言葉を流します。

そんなママ集団との会話に疲れてきたら素直に付き合いをやめましょう。

付き合いをやめないと心理的負担が大きなってしまいます。

子供が生まれてからたくさんのママ達に出会っていくけど、その中で本当に気が合う人は2~3人じゃないかなと私は思っています。

もし気が合うママに出会えたら、そんな時は少し勇気をもって積極的に話してみることです!!だってせっかくのチャンスなんですから。

気が合うママ友とは、子供達が大きくなっても付き合いたいと思っています。

日々旦那と子供しか会話がなくても身近になんでも話せるママがいれば気持ち的に楽になるのでね。

専業主婦でもそれなりの繋がりを大事にしています。

 

それでは!(^^)