MY STYLE

2017年にマイホームが完成!!その記録や子育て中心に書くブログ

赤ちゃんの急な発熱や体調不良になったとき慌てずに対処する方法、見分け方とは

赤ちゃんはお誕生から生後6カ月くらいまでお母さんの免疫があるので風邪を引かないと一般的には言われていますが免疫があっても普通に2カ月3カ月の低月齢の赤ちゃんでも風邪や発熱を引き起こします。

免疫があるから大丈夫なんて思っていたらそれはちょっと危険です。

確かに免疫があるから守られているのですが、上に兄弟がいたり頻繁に外出したりしていると感染症を発症させてしまいます。

うちの子供達3人いますが長女は3カ月で発熱、次男は7カ月で発熱しています。長男は1歳過ぎまで発熱したことはありませんでした。

やっぱり最初の子供は大事に育てていたのでしょう、私達親も神経質なくらい除菌をしたり、冬場の外出を控えたりして過ごしていました。

2番目3番目の子となると、赤ちゃんとはいえゆっくり家で過ごすわけにもいかず上の子の生活リズムに合わせての生活が当たり前になります。

公園も頻繁に行き、子供が出入りする児童館や支援センターにもよく連れていってました。

そんな環境だったらいくらお母さんからの免疫があったとしても風邪も引きます。

赤ちゃんの体から出すサインを見逃さないで

赤ちゃんが体調悪いときはどんな症状?

例えばいつもは元気に泣くのに今日は一日静かに寝ている。

授乳やミルクを明らかに飲みたがらない。

赤ちゃんの手や足が熱い、授乳をすると口の中も暑い

目ヤニが出ている。鼻水が出ている。

咳やくしゃみが頻繁に出ている。

など様々な初期症状があります。

赤ちゃんに限らず乳幼児は言葉が上手ではありませんので体が辛くてもうまく表現できません。まして0歳~1歳までの赤ちゃんは泣くことで表現しているのでサインを見逃さないようにしましょう!!

鼻水が出ていたらどうする?鼻水は色に気をつけよう

赤ちゃんの風邪の症状の中で最も多いのは鼻水ではないでしょうか!

鼻水は体の中に入った埃や菌を外に出す役割がありますので透明な鼻水が出ていたら、まずは家の中をきれいに片付けしましょう。

埃は特に気を付けてあげましょうね!!

また気温差でも鼻水が出るので、少し寒いかなと思ったら一枚上着を着せて体温調節してあげてください。

透明でサラサラした感じの鼻水であれば風邪ではない原因で鼻水が出ている可能性が高いです。しかし黄色や緑色の鼻水であれば風邪が原因で鼻水が出ていると言えますのですぐに小児科を受診しましょう。

透明鼻水であっても長い期間治らないのであれば小児科へGOです!!

わからない場合は小児科へ行って見てもらうのが一番安心します。

痰の絡んだ咳が出ている場合はすぐ小児科へ

最初はコンコンと大したことない咳だったとしても赤ちゃんはすぐにゴホンゴホンと変わり更には痰の絡んだ咳に変わっていきます。

咳の原因も埃や温度差も原因になります。

咳が酷くなってくる前に小児科へ連れていってあげましょう。

咳が酷いと、授乳をするのも大変なんです。小さい体で咳をするのですから体力もだいぶ消耗させてしまいます。

いつまでも痰の絡んだ咳をしていると喘息や肺炎になってもおかしくないので咳をしだしたら早めに小児科に行きましょう。

赤ちゃんが発熱したらどうする?

赤ちゃんは自分で体温調整ができないので室内が暑かったり、厚着をしているだけで体温が上がってしまうことがあります。

室内は適温か、洋服は着せ過ぎていないか確認しましょう。

発熱しても機嫌が悪くなく、ミルクを飲めているならすぐに病院に行かなくても大丈夫なので赤ちゃんの様子をしっかり見ておきましょう。

ただし、赤ちゃんの体調は変わりやすいものです。あきらかにぐったりしていたり、発疹を伴う場合は早めに受診をしに行ってください!

長女が生後3カ月で発熱したとき体中に発疹が出ていました。当時すごい心配してた私の気持ちとは裏腹に旦那は大丈夫じゃない、様子見ようの一点張りでした。

次の朝、長女を小児科に連れて行くとすぐに大きな病院に連れて行くように言われました。

元気で発熱している状態と、ぐったりして発熱している状態は全然違うので赤ちゃんの様子がおかしいと思ったら病院へ!

緊急連絡先を調べておこう!!

赤ちゃんが発熱したり体調がすぐれないとすごく心配になりますよね!

日中赤ちゃんと2人きりの場合や夜間病院がやっていない時など、突然だと人はパニックになりやすいので緊急時にはどこに電話すればいいのか、夜間でもやっている病院を探しておきましょう!!

これは、絶対調べておいた方がいいですよ!

そして冷蔵庫など見える場所に貼っておく!

自治体によって夜間救急病院が指定されていたりします。私の住んでる地域も夜間救急病院が指定されています。

時間や駐車場の有無も確認しておいた方がいいですね!

まとめ

普段から赤ちゃんを見ているお母さんであれば赤ちゃんの体調不良や発熱にはすぐ気が付けると思います。判断に自信がなければ、小児科に電話して聞いちゃってください!

赤ちゃんを守るのはお父さんお母さんの役目です(∩´∀`)∩